いただきますJP moku オンラインンストア『あぁう米』
食養という考え方
一食のイメージ
一食のイメージとしては、ごはん、お味噌汁、ひじきやきんぴらなどの一品、メインの豆や野菜中心の料理に時々魚介類。お肉は多くても月に3回程度です。つまり、昭和30年代頃の一般家庭での食卓ですね。目標はこのあたりですが、その頃の欠陥は白米食であったことです。白米を玄米に変えると完壁ですね。その頃は、成人男性で年間140kgの米を食べていました。現在は70kgで、半減しています。 増えたのは肉、乳製品、小麦食品です。足りなければ玄米ご飯を増やして、おかずは増やさないようにします。
バックナンバー
Copyright© Moku inc. All Rights Reserved.