いただきますJP moku オンラインンストア『あぁう米』
身体のチカラが目を覚ます!10日間で運命を変える7号食
7号食の真髄
7号食とは玄米と雑穀を半々で炊いてゴマ塩をふりかけて食べます。
おかずは無しです。10日間の間に普通の体重の方では、3〜4kg、太りすぎの方では5〜6kg程度までスリムになっています。しかし、7号食の本当の理由はダイエットではありません。
本当の目的とは、食べ物にコントロールされてきたこれまでの生き方を、完全に自分の意思の管理下におくということなのです。
7号食がなぜ良いのか?
実はこの期間に余計なものを食べない効果が大きいのです。
良いものを食べる効果は30%、良くないものを食べない効果は70%なのです。
このことは犬にドッグフード生活から玄米生活に変更した事例からわかったことです。
犬は非常に早く体調が良くなります。なみだ目からの毛焼け、耳ダレなどは2週間から1ヵ月で良くなっています。
アトピーや様々な慢性的疾患も4ヵ月かければ大きく改善されています。 なぜこんなに治りが早いのか?
それは余計なものを食べていないからです。
7号食期間中はみなさんも余計なものを食べないので改善が早いのです。
○7号食の基本のやり方
良く食べ、良く噛み、良く寝て、良く歩いてください。
1〜10日
玄米+十五穀米半々に炊いたご飯・玄米甘酒・ノンカフェインのお茶かお水
ゴマと塩はOKです。
○回復食について
11〜13日
上記の食事+具なしの味噌汁
ご飯は十五穀の量は半々または大匙1でもOKです。
14〜16日
上記のお食事+具ありの味噌汁
※回復食までは動物性の食品は避けるようにしましょう。
○基本食について(普段のお食事)
全体食(まるごと食)
旬の食
土地の食
玄米ご飯を基本に、おかずがご飯より多くならないようにしましょう。
7号食
物食主体で副食は一切ありません。これで10日間やり抜くのです。
6号食
穀物食に具沢山のお味噌汁が付きます。お漬物も少々。
5号食
6号食に季節の野菜のみの副食が1品付6号食に季節の野菜のみの副食が1品付
4号食
5号食にもう1品野菜の副食が付きます。
ここまでが健康を維持する食事法です。
1〜3号食は、食べ過ぎから不健康への道筋をつくる食事法です。
3号食
おかずが3品付きます。
2号食
おかずが4品付きます。ご飯が少なくなります。慢性的肩こり、腰痛など変調となりまります。
1号食
無秩序な食べ方で癌をつくります。
(1)全体食を心がけること(全体食)
人が健康を維持するうえで必要な食物は、その食物自体完全なものであり、生命力にあふれたものでなくてはなりません。大根なら根だけでなく葉っぱも利用すること。
(2)その土地のものを食べること(身土不二)
生命というものは、「環境の産物」であるので、同じ人間なのに、皮膚の色や顔かたちが違っています。
考え方の違いが生まれてきたのも、もとをただせば環境(風土)のありようが異なっているためです。
その自然にうまく対処しなければ、生きていけないわけで、つまり、それぞれの風土の中で人間は生かされているわけだから、当然「食」についてもそれぞれの圏内でまかなわれているはずです。
「身土不二」とは、その土地、気候風土のもとでできた食物によって人の身体は出来上がっているために、その人はその土地、気候風土と調和して生きていける、という意味です。その土地で得られる食物とは、温室などで作られた一年中あるものではなく、一定の季節にしかないものはその季節に食するという意味も含まれます。
(出典:かとう歯科)
商品の購入はこちら

Copyright© Moku inc. All Rights Reserved.