いただきますJP moku オンラインンストア『あぁう米』

著書「食養学初級編」本文95ページの、七号食の仕方「玄米雑穀コース」みどりのお米とは何ですか?

本に書いてあるみどりのお米とは、完全無農薬のお米で、通常より10日〜2週間ほど早い時期に刈り取られた小粒の玄米です。
小粒なので炊飯器の白米モードで炊くことができ「玄米が体に良いのはわかっているけど、炊き方が面倒・・・」という方にも、簡単に玄米食にチャレンジして頂けます。
その上、
●栄養の宝庫である胚芽の量が通常玄米の約2倍
●繊維が豊富なので、腸の蠕動運動を高める
●精神を安定させる力があるGABA(ギャバ)が発芽玄米の2倍以上、白米の20倍以上
など、たくさんの効果が期待出来ます。
早く収穫すればどのようなお米でも青米は取り出せるのですが、残念ながらこうした性質は在来種(品種改良をしていない戦前からあるお米)にしかありません。
無農薬かつ在来種の貴重なお米を是非お試し下さい。

詳しくはこちら

著書「食養学初級編」本文95ページの、七号食の仕方「玄米雑穀コース」十五穀米とは何ですか?

本に書いてある十五穀米とは、古代より続く葦農法で無農薬栽培された雑穀米です。日本人初イタリアのスローフード大賞受賞の武富克彦氏が、15種の雑穀を独自にブレンドしました。

発芽玄米・緑米・紫米・押麦・赤米・胚芽押麦・丸麦・もちきび・ひえ・もちあわ・はと麦・発芽赤米・焼き玄米・アマランサス・麻の実ナッツなどを武富さんが独自にブレンド。

ご購入はこちら

著書「運命を変える『七号食』ー七号食のヒミツー」から、七号食とは何か簡単に説明してください。

本書にある七号食の真髄、七号食がなぜ良いのか?七号食の基本のやり方、普段のお食事についてなどを当サイトで簡単にまとめました。

七号食のページはこちら

冨田先生が書かれた食養の書籍を購入したいのですが、どこで購入することができますか?

セミナーで冨田先生が話されたことが、復習できるように、「食養学初級編」「食養学入門」などの書籍が発刊されています。当ホームページからもお買い求めいただけます。

書籍のお買い求めははこちら

冨田先生の指導する「七号食」を実施する場合、全てが一つになったセット商品はありませんか?

冨田先生が開発した「みどりのお米」「十五穀米」「甘酒」など、必要なものが一つになったセット商品があります。当ホームページからお買い求めいただけます。

セット商品のお買い求めはこちら

「七号食」終了後の基本食(通常の食)について、どのような食養食品を食べたらいいか教えてください。

食養の専門店で、玄米を中心としたバランスのとれた基本食を、楽しみながらいただいてください。当サイトでも食養食品だけを扱う専門ショップがありますので、ご利用ください。

食養食品お買い求めははこちら

「七号食」の食品を買いたいのですが、初めてなので、アドバイスをいただいてから購入したいと思います。電話などで相談できるお店を教えてください。

当サイトのBey-Bey(米屋/米米)は玄米・雑穀を中心とした食養専門店です。詳しいスタッフがご質問にお答えします。お気軽にご連絡ください。
食養食品のお問い合わせは
TEL:011-522-2714 営業時間:11:30〜18:00(金土は22:00まで)
E-MAIL:info@aaumai.jp

ホームページからのお問い合わせはこちら

冨田先生連載中のブログ「あすなろ日記」から体験者の実例をご紹介します。

〜2011年1月23日のブログ〜「子宮ポリープが消えた」
16日間の7号食を実行して病院で再検査をしたところ手術を覚悟していたポリープが消えていました。
そういう嬉しい報告がありました。デキモノの原料は食べ物だっていうことなのです。

あすなろ日記のブログはこちら

冨田先生連載中のブログ「あすなろ日記」から冨田先生のためになる話をご紹介します。

〜2012年1月21日のブログ〜「ダイエットの本質的なこと」
なぜ太るのかを考えることが本質的であって、今、どうすれば痩せられるかを考えることは瑣末です。
後者では必ずリバウンドします。要はその人のライフスタイルなのです。そして、ライフスタイルはある考え方に支えられています。
人の為すAという現象はA´の考え方が背後にあるし、Bという現象はB´という価値観に支えられているわけです。
見える現象は見えないところで醸成されています。現象の背後にあるものこそが本質的です。
なぜあなたはダイエットをしたいのか、なぜあなたは太ったのか、太るには太るだけの理由があるのですからその理由を消去したときだけがダイエットに成功します。それはリバウンドもないのです。
断捨離的な発想が7号食の本質です。

あすなろ日記のブログはこちら

冨田先生連載中のブログ「あすなろ日記」から冨田先生のためになる話をご紹介します。

〜2013年9月13日のブログ〜「おばあちゃんの名言」
7号食を勧めた女性が当人たちに云いました。
なかなか、名言です。

「あんたには両親がおるやろ。そして両親にもそれぞれ両親がおるやろ。そうやってたどるとあんたの背後には数億人以上の人がおって、そういう人たちが食べたものであんたの遺伝子ができてるんやで。
戦後の洋食なんかには慣れていないんやで。食べ物を昔から食べてきたものに変えただけで身体は元に戻るんや!1 電気製品は故障すれば電気屋に、自転車は自転車屋にやろ。
食べ物であんたはできてんやから、故障したら食べ物で治さなあかんやろ!」

凄い!

あすなろ日記のブログはこちら

冨田先生連載中のブログ「あすなろ日記」から冨田先生のためになる話をご紹介します。

〜2013年9月13日のブログ〜「七号食のやり方」

7号食のやり方
7号食はシンプルです。シンプル イズ ベストです。非常に簡明なやり方ですからだれでもができます。
1 玄米と十五種雑穀米を半々にして良い塩を入れて炊きます。
2 副食はゴマ塩、梅干、たくあんのみです。
3 飲料はカフェイン抜きで、棒茶、ほうじ茶、ハーブ・ティー・穀物飲料のみ。
4 甘味としては玄米甘酒のみ。
 以上を10日間実行します。

 いくら食べてもいいのですが最初の一口だけは100回噛みます。

5 11日目から味噌汁の具無しを3日間追加。
6 14日目から具ありの味噌汁追加です。

合計16日間で終了します。いかがですか簡単でしょう。けれど、簡単だけれどこれまでの食習慣の根本的な置き換えですので心理的な抵抗からの困難があるのです。一つの修行でもあるのです。

何十年も繰り返してきた食習慣は強い慣性があり、それを意志の力でコントロールするのです。食べ物をコントロール出来ない人がどうして人生をコントロールできるのでしょうか。

これを成功させることは「運命を変える」きっかけになるのです。

あすなろ日記のブログはこちら

冨田先生連載中のブログ「あすなろ日記」から冨田先生のためになる話をご紹介します。

〜2013年9月13日のブログ〜「七号食は生き方を変える」
シンプル生活

7号食や基本食の生活をすると、いろんなことが簡単になります。
■食事のメニューを悩まない。
→当たり前ですね。食べる材料がほぼ決まっています。
■買い物時間が短い。
→余計なものを買わない。
■外食をしない。
→外食できません。財布にもやさしい。
■弁当を作るようになる。
→ランチのために外出しない。
■洗い物が簡単。
→洗剤もいりません。油ものがないから。
■冷蔵庫がすっきり。
→余計な食品がありません。
■時間が余る。
→いろいろなことがスリム化され、時間を作り出せます。
■自主的になる。
→だらだらテレビを観ることなどなくなります。
■よく眠れる。
→目覚ましをかける必要がなくなります。
■こだわりがなくなる。
→本当に自分にとって大事なことが自覚できる。よってつまらないことに囚われない。
他にもあるかも知れませんが、ぱっと思いつくだけでもこれだけあります。
超シンプル生活の到来?といったところでしょうか。
とにかく、時間とお金と精神的エネルギーの無駄な使い方が減ります。
そして、自分の人生と正面から向き合うようになります。
つまり頭のごみも掃除されるわけです。
こうなると、スーパーのレジに並んだ時に拝見する他の人のカゴの中身は、私にとって反面教師となります。
他人様が無言でかつ身をもって戒めてくれるわけです。
なぜなら、過去の自分が重なって見えるからです。
思考も簡略化されたみたいです。
いいですねー。

あすなろ日記のブログはこちら
Copyright© Moku inc. All Rights Reserved.